ホーム>オンラインショップ>自動車関係>エアゾールタイプ>シャーシーブラック(水性)

シャーシーブラック(水性)

有機溶剤中毒予防規則適用外の水性速乾タイプ

  • 悪臭が少ないので、補修をする時、手軽にスプレーが出来ます。
  • シャーシの防錆と美観長時間保ちます。
  • エアゾール式で作業・経済性ある自動車シャーシ用ブラック塗装剤で艶、黒色度、密着性に優れています。
  • 飛散、タレも従来製品に比べ少なく、防錆力があります。
  • 塗装面積は1本 約4.5mで、2,000㏄乗用車1台(1回塗り)で1本半から2本位塗れます。
  • 再度塗る場合は乾いてからお使い下さい。
  • 日本製
◆使用方法
  1. 塗装面の油分、水分、汚れをよく落としてください。
  2. 使用前に中のボールがスムーズに動くようになるまで容器をよく振ってください。
  3. 噴射方向を確認し、吹き付けて面に向けて20~30cm位離して適量スプレーしてください。※一度に厚塗りせず、数回に分けて薄くスプレーしてください。
  4. 使用目的以外の不要な部分に付着した場合は、速やかに拭取ってください。
  5. 使用後はノズルの穴詰めを防ぐため、逆さにして3~4秒位空吹きして、噴射口を良く拭いてください。
  6. 手洗い、うがいを十分行ってください。
Spec / 商品詳細
品名 シャーシーブラック(水性)
品番 TAC-210
JANコード 4947436104802
形式 エアゾール
用途 自動車シャーシ部分の防錆剤・黒色(業務用)
成分 樹脂・着色顔料・水溶性溶剤
内容量 NET 420ml
警告 吸入飲用不可
  • 人体に害がありますので、吸入したり飲んだりしないでください。
  • 人体に向けて使用しないでください。
  • かぶれる恐れがあるので、保護手袋を使用してください。
  • 破裂する恐れがあるので、直射日光の当たるところや40℃以上の所、及び自動車内には置かないで下さい
  • 引火性があるので、火気には近づけないでください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。
応急処置
  • 万一飲み込んだ場合には、吐かせずに、すぐに医師の診断を受けてください。
  • 誤って、目に入った場合はこすらずに、すぐに清水で十分洗浄し、異常があれば診察を受けてください。
  • 作業中気分が悪くなった場合、すぐに作業を中止し、通気の良い所で安静にしてください。以上のある場合は医師の診察を受けてください。呼吸疾患の方は、十分注意してご使用ください。
使用上の注意
  • 上記用途以外に使用しないでください。
  • 作業服等に付着した場合は、その汚れをよく落としてください。
  • 他社の塗装剤と混同しないでください。
  • 足場回りの塗装以外のプラスチック、タイヤ、ゴム等の表面には使用しないでください。
保管及び廃棄方法
  • 保管の際は、必ずキャップをして直射日光の当たる所、40℃以上になる所やサビの発生しやすい水・湿気の多い所に置かないでください。
  • 廃棄の際は、中身を使い切ってから、火気のない戸外で噴射音が消えるまでボタンを押し、ガスを完全に抜いてから各自治体の指示に従って捨ててください。
消防法による表示

火気厳禁 第4類 第2石油類 170ml 危険等級Ⅲ 

労働安全衛生法による表示 エチレングリコールモノノルマルブチルエーテル、メタノール含有
火気と高温に注意

高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ること。

  1. 炎や火気の近くで使用しないこと。
  2. 火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
  3. 高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所や火気等の近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと。
  4. 火の中に入れないこと。
  5. 使い切ったら捨てること。

高圧ガス:DME

 

商品コード:TAC-210
シャーシーブラック(水性)

エアゾール式で作業・経済性ある自動車シャーシ用ブラック塗装剤で艶、黒色度、密着性に優れています!飛散、タレも従来製品に比べ少なく、防錆力があります!再度塗る場合は乾いてからお使いください。

 

販売価格:¥1,133(税込)
ポイント:51Pt
関連カテゴリ:
自動車関係 > エアゾールタイプ
数量:
在庫: 有り
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
作業着に付いたシャーシブラックの落とし方について教えてほしい
2017/04/29 投稿者:特急41 おすすめレベル:★★★★★

Q: 仕事でシャーシブラックを吹き付けるのですが、塗っているとどうしても作業着に付いてしまいます。
部分洗いで、ある程度おちるのですが、なにか楽に落とせる方法はないかなと質問させていただきました。
洗剤、溶剤、落としやすい方法、おすすめの方法など、あれば教えてください。
この商品は水性ですが油性の場合や、他社製品の場合など、教えていただけると助かります。


A: 作業服の材質によって対応が違ってくるのですが、綿(コットン)100%であれば、下記①②の方法をお試しください。
ポリエステル100~混の場合は、①の方法をお試しください。(※溶剤の影響で溶けて変質する可能性があります。)

基本的に衣服に付いた塗料を「簡単に落とす方法」はなく、対処の一例としてご参照くださいませ。

水性塗料の場合:①お湯で塗料を溶かしながら、落としたい箇所の裏側に塗料のついていない布切れをあて、表側から布で叩くようにして塗料の色素を布切れに移動させるイメージで落としてください。
油性塗料の場合:②除光液やラッカーシンナーなどを別布に染み込ませて叩くようにして固まった塗料を分解し、適宜キレイな布に差し替えて分解された塗料の色素を叩きながら裏の布切れに移動させるイメージで落としてください。

油性・水性いずれにせよ、「叩くように何度も」というところがポイントで、水性であれば溶けた塗料が周辺や別の部位に移染する可能性、油性も同様に、分解して柔らかくなった塗料の欠片が繊維の奥や別の部位に入り込む可能性があります。
付着した繊維の材質によっては、繊維自体が溶けてしまったり、変色する可能性がありますので、詳しくは専門のクリーニング業者にお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

PAGE TOP